スニーカーを3Dスキャン。3Dプリント!

スニーカーの側面を底が映る状態で3Dスキャンを行います

それを両方の側面を3Dスキャンし、組み合わせてスニーカーを3Dデータ化しました。

上画像が3Dデータ化したスニーカーです。

3Dデータ化したスニーカーを10分の1スニーカー3D出力!!(1色樹脂出力)

かなり小さいですが、うまく出力することができました。

中は空洞になっており、パーセンテージで中身の密度を調整することができます。

100パーセントで出力すると重く、かなり丈夫な仕上がりになります。

ヤスリなどで表面を削ったりする場合は、100パーセントで出力したほうが穴があく心配がないので安心ですが、その分出力する時間がかかってしまう点に注意。

かなり小さいサイズをフルカラー石膏で出力してみました。

すごい細かい部分まで、ちゃんとがついています!

今後も3Dプリントの技術に期待です。

コメントの入力は終了しました。